クラウドワークスで副業!記事作成をしてみた件

お金のはなし

はじめに

副業を選ぶ際、インターネット上で完結する副業って魅力的ですよね?今回、私はかねてより興味のあったクラウドワークスで初めて記事作成のお仕事をしました。Twitterでもブロガーの方がクラウドワークスなどでライティングの仕事をしていることを知っていたので、今回は実際に働いてみた感想を述べます。

クラウドワークスとは?

日本最大のクラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」は、企業と個人がオンラインで直接つながり、仕事を受発注できるサービスです。仕事内容や仕事条件もさまざまなため、自分の得意を活かしながら、自分の望む働き方が実現しやすいサービスとなっています。仕事内容も本当にさまざまで、数分で出来るアンケートから、長期で勤務するような仕事もあります。オンラインで完結するものがほとんどだと思うので、まとまった時間での勤務が難しい方や子育て世代などに人気のようです。

どんな仕事をしたの?

私が応募した仕事は、資格関連の記事を作成するというものです。3000字以上を3日ほどの納期で仕上げるものです。テーマや書き方などは指定があるため、それに沿って仕事を行いました。実際に作成した記事は以下の通りです。

貸金業務取扱主任者の独学勉強法とは?試験までの勉強期間やスケジュールを解説! | 資格LIVE
このページでは、貸金業務取扱主任者の独学勉強法とは?試験までの勉強期間やスケジュールを詳しく解説しました。これから「貸金業務取扱主任者」の資格を取得しようと考えている方や、試験を控えている方、貸金業務取扱主任者の仕事内容が気になる方に必見です。資格勉強のお共にぜひご覧ください。

納品したのは文字のみで、一部文章構成や見出しなどの装飾、アイキャッチ画像、各種リンクなどは依頼主の方で整えています。

1度納品した文章がコピー率の高さから差し戻しになってしまいましたが、依頼主も丁寧に対応してくださったおかげで、なんとか納品に至りました。

完成後の記事を見せてもらうと、自分の書いた文章が整えられるとこんなにも見栄えが違うのかと感心しました。お仕事なので報酬は頂きますが、こちらが報酬以上に勉強させてもらった感覚です。

クラウドワークスのメリット・デメリットは?

クラウドワークスでは数件のアンケートと、先程紹介した記事作成を1件こなしました。その中で感じたメリット・デメリットを語っていきます。

メリット

  • 自分で仕事を選ぶことが出来る
  • 自分で満足できる報酬を選ぶことが出来る
  • 自分のスキルや得意を活かすことが出来る
  • 完全在宅で仕事が出来る
  • 仕事をする時間帯も自由である場合が多い

デメリット

  • 時給換算すると、損をする仕事も多い
  • クラウドワークス外に引っ張っていこうとする怪しい依頼者がいる
  • クラウドワークスは報酬の出金期限が180日(530円以上で出金可)
  • スキルがないうちはやれる仕事自体限られる
  • システム利用料が高い

メリットに関してはイメージしやすいかと思います。完全在宅で、自分の得意を活かせる仕事が多いため、働き方次第ではかなりQOLを高めることが出来ます。やはり通勤に時間を取られない、自分の好きな時間に働けるというのは大きな利点です。

デメリットに関しては、実際に応募してみて感じた点です。クラウドワークス側も注意喚起をしていますが、依頼者が怪しいケースが多いです。応募者が複数人いるのに1人も契約していなかったり、一概には言えませんが、評価がついていない依頼者だったりする場合は、トラブルにならないように注意する必要があります。また、応募したものが全て仕事になるわけではなく、お断りされたり、仕事開始前のテストに時間を割く必要があったり、条件に交渉が必要だったりします。クラウドワークスに関しては、出金期限が180日とされているため、1件5円程度のアンケートで少しずつ稼ごうと思っている人は、出金に至らない可能性も高いです。それだとタダ働きになってしまうので、かえってクラウドワークスは使わずに、他のポイントサイトなどに登録するほうがお得かもしれません。

最後に、システム利用料が結構引かれてしまうのが結構辛いところです。これは、クラウドワークスの仲介料といったところでしょうか。仕事を請け負う側が負担するので、報酬から差し引かれます。10万円以下の契約額に対しては、20%がシステム利用料となってしまいますので、結構負担ですよね。そのため、契約額だけで考えれば割にあっていても、システム利用料を含めて考えると他の仕事をした方が良い場合もあります。

注意点

前項のデメリットの部分でも述べましたが、依頼主に注意が必要です。クラウドワークスに関しては、自分で仕事や報酬を選び、完全在宅で仕事が出来るという自由度の高さが魅力です。しかし、自由度が高いということは、サラリーマンのように自分を守ってくれる会社もないため、その分自分で上手く情報の取捨選択をしたり、交渉したりしなければなりません。契約時の金額だって、よく見ずに違う金額で契約しても自己責任になってしまいます。また、成果物の作成後に依頼者のお眼鏡に叶わなければキャンセルとなってしまうこともあり、その間仕事に当てた時間には当然時給も発生しません。自由度が高いのはメリットでもあり、デメリットにもなりうるということを忘れないでほしいと思います。

おわりに

以上がクラウドワークスでの仕事の体験談でした。初めての記事作成で、良い依頼者と巡り会えて本当によかったです。ただ、応募時に怪しい依頼者も複数見かけていたので、この記事を見てからクラウドワークスに登録してみようと思う人は、十分にご注意ください。それさえ問題なければ、働き方の1つの選択肢として大いにありだと思いますので、オススメです!

タイトルとURLをコピーしました