選択子なしの避妊事情、20代女性の場合

雑談

はじめに

選択子なしの人って避妊はどうしてるの?なんて、顔を合わせては聞きづらいですよね。ここでは選択子なしの人の避妊事情をまとめていきます。

選択子なしとは?

ざっくり言えば、意識的に子どもをもうけないと決めた夫婦のあり方を言います。なぜその選択をしたのか、理由をまとめた記事もあるのでよかったら参照してください。

選択子なしの理由、20代女性の場合
はじめにここでは、「選択子なし」について20代女性の目線で語ります。まだまだ理解されがたい夫婦のあり方だと思うので、少しでも周知に役立てたらと思います。選択子なしとは?身体的な事情はなく、自ら「子をもうけない」こと...

避妊事情について

なかなか面と向かっては話題にしづらいですよね?そんな疑問にお答えしていきます。

ズバリ、避妊は必ずしています

正しい理解があれば、違和感なく納得できるとは思いますが、「望まない妊娠を避けるための避妊」は当たり前のことです。

選択子なしは「タイミングがきたら」などは一切思っていないので、避妊することは当たり前なのです。

避妊せずに妊娠したら都度中絶している人も中にはいるかもしれません。しかし、基本的には選択子なしの人は妊娠による恐怖、出生する子どもの人生への責任感の強さゆえにその生き方の選択をしています。

そのため、妊娠出産を望む夫婦よりは、避妊に関してシビアに対応していると思います。

避妊方法について

避妊方法については、様々だと思います。基本的に選択子なしの人は妊娠したら困るので、正しい知識を身につけている人がほとんどだと思います。

一番確実な方法は、低用量ピル+コンドームを併用することです。しかし、体質によってはどちらかが難しいこともあります。どちらかを正しく使えば、高確率で避妊することが出来ます。

これは、選択子なしに限らず知っていてほしい知識です。

男性側がパイプカットをしている場合でも、万が一を考えてコンドームをつけた方が安心です。

自分の身は自分で守り、自分の人生における大きなイベントのタイミングも自分で手綱を握る、という意識を忘れないでほしいです。

旦那さんは嫌がらない?

こちらもご家庭によると思いますが、確かに嫌がる男性は多いです。最初はしぶしぶ協力するというような態度が目に余るかもしれません。

また、「結婚後も避妊するなんて、旦那さんが可哀想」、「なんのために結婚したの?」などと言う方も中にはいらっしゃいます。そういう意識ははっきり言ってです。

余計なお世話というのももちろんですし、そういう意識が「男尊女卑」を作り上げるのです。なぜ女性だからという理由で、無条件に妊娠出産することになるのでしょうか?なぜ結婚したからといって、妊娠出産がセットになるのでしょうか?

女性は男性を喜ばせるためだけに存在しているのではないし、子孫を残すための機械でもないのです。女性も、妻も、一人の人間として自分の意思で人生を決めていいし、自分の価値観を大切にして良いのです。

おわりに

以上、選択子なしの避妊事情でした。面と向かっては話題にしづらい内容ですので、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました