マイナポイントはどの決済サービスで利用するのがお得?

暮らしの知恵

はじめに

令和2年9月1日から「マイナポイント」サービスが始まるのはご存知ですか?1人あたり最大5000円分のマイナポイントが貰えるのですが、予算に達し次第終了との話もあり、早い者勝ちのサービスと言えます。ここでは複数ある決済サービスのどれを選ぶべきか、解説していきます。

マイナポイントを受け取るために必要なもの

いくつか手続きはあれど、そもそもの話で必要となるものは以下3点です。

①マイナンバーカード現物

②マイナンバーカードの暗証番号4ケタ

対象のキャッシュレス決済サービス

これがないと話が始まらないという必須アイテム達ですので、マイナンバーカードがない人はまず発行しましょう。通知カードではダメです!

マイナポイントの予約とは?

7月1日からマイナポイントの予約が出来るようになっていますが、実際対象となるのは、9月1日以降の購入やチャージ分です。そのため、9月1日以降の手続きでも問題ありません。

また、予約に関しての詳細は割愛しますが、スマホ、パソコンともに特定の機器でないと完了できないため、ややハードルが高く設定されています。

仮に対象のスマホを持っていない人でも、全国の市役所やコンビニエンスストアでマイナポイントの手続きが出来るようになっています。ただし、楽天ペイ・楽天カードについては、手続スポットでは登録できませんのでご注意ください。

どの決済サービスで登録するのがお得なの?

結論からお伝えすると、「購入」ではなく「チャージ」がポイント付与対象になる決済サービスがお得だと思います。例えば、Suicaや楽天Edyなどです。

理由としては以下2つです。

①無理に急いで2万円以上の買い物をしなくて済む

マイナポイントは早い者勝ちと聞くと、早めにポイントを得た方が良いですよね?ですが、最大5000円分のポイントを貰うには2万円の買い物をする必要があります。2万円以上のもので、今すぐ欲しいものが思い浮かぶ人は少ないと思います。そのため、無理に2万円「購入」するのではなく、とりあえず2万円「チャージ」する方が、無駄遣いすることもなくお得だと言えます。「チャージ」もマイナポイントの付与対象となるため、早い者勝ちの面でも乗り遅れることなくお得です。

②いくら使ったか(ポイントを貰ったか)忘れない

早い者勝ちという言葉にとらわれず、日々の生活で使う決済手段を登録しておくのも良いと思いますが、それだとどれくらい使ったか、今どれくらいポイントがついたか管理するのが面倒ですよね?そういう面でも、「チャージ」は金額の管理がしやすいです。一番分かりやすいのは、最初に一気に2万円チャージする方法です。あとはマイナポイントがつくのを待つだけですので、とても簡単で管理も楽です。

おわりに

マイナポイントは令和2年9月1日から翌年の3月末までを予定していますが、予算に達し次第終了の予定です。予算は4000万人分と言われているので、なるべく早く購入分(2万円)を使い切った方がお得だと思います。この記事が参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました