新卒の地方配属は左遷?経験者がメリットデメリットを語る

新卒の地方配属は左遷?経験者がメリットデメリットを語る 雑談

はじめに

新卒入社した会社で、突然地方配属されるとショックですよね?総合職ということで覚悟はしていても、それでもその衝撃ははかり知れません。ここでは筆者の新卒時の経験を語ります。

地方配属とは?

「地方」とはどこを指すのでしょうか?一般的には本社やその近郊以外を指すと思います。筆者の例で言えば、東京に本社がある金融系の会社です。本社とは別に主要な部署が神奈川と大阪にあります。そのため、それら近郊以外の部署が地方といえます。

反対に、地方銀行などは「その地域」に本社も営業所もあることが多いと思います。その場合で言う地方は他県や本社と離れたへんぴなところを地方と呼んで良いでしょう。

判断に悩む場合は、「お偉いさんが来やすいかどうか」、「よく来るかどうか」を判断基準にしても良いと思います。地方にはめったに来ないと思って良いです。

地方配属は左遷?

結論から言えば、新卒時の地方配属は左遷ではないと思います。新卒採用にも大金がかかるので、入社早々辞めさせたがる会社なんてありえません。ですが、みんながみんな出世コースとも言えません。以下に当てはまれば、出世コースの可能性が高いです。

出世コースの可能性が高い人

  • 特別優秀な人、スキルがある人

新卒を地方配属するとき、レベルが高い人には印をつけてきちんと覚えています。そして、数年後に本社に配属することがあります。例えば、良い大学卒業で能力もある、語学力がある、人材育成力があるなどのスキルを持つです。その他大勢とは違う人の場合は、数年地方で経験を積ませたらすぐに本社に配属し、出世コースにのります。よっぽど大きな失敗をしたり、配属先で成果が出せない人以外は出世が約束されていると言っても過言ではありません。一般的に地方配属=出世コースと言われる会社のやり方ですね。

  • 女性の総合職

変な言い方ですが、会社が女性管理職を増やしたいと思っている場合、女性総合職の地方配属は出世コースに近い可能性があります。理由としては、女性は結婚、出産のタイミングで離職する可能性がただでさえ高いので、そこにキャリアアップのための転勤をぶつけることは避けなくてはなりません。そのため、一般的な適齢期以前に転勤を経験させておこうという魂胆です。ただ、先の事例と比べると出世が約束されているほどではないと思います。出世するかしないかは自分の働き方次第ですが、会社としては「長く働いて欲しい人材」とは思っています。

  • 地方でも業績が良い部門、先輩や上司が出世コースにのっている

同じ部署配属の先輩や上司を見ると、だいたい自分がどういうコースを辿るかがわかります。まれに抜擢される人もいますが、その部署の大多数が通る道=自分が通る道と思って良いと思います。そのため、地方でも業績が良い部署、先輩や上司が出世コースにのっている部署の場合は、自分もその道を辿る可能性が高いと考えて良いでしょう。

それ以外の人は…?

前述したケースに当てはまらない場合は、出世コースうんぬんではなく、単なる人員補充や教育担当者との相性での配置と思われます。辞めさせるための左遷的な配置ではありませんのでご安心ください。

このページを見て、出世コースではないと悟ってやる気をなくした方もいるかもしれません。しかし、地方配属にはメリットもたくさんあるので紹介していきます。

地方配属のメリット

地方配属のメリットは以下の通りです。

①お金が貯まる

家賃含め、物価が比較的安いのでお金が貯まりやすいです。カラオケなどの娯楽費も、東京と地方では倍ほどの差があります。ただ、車が必要なケースは大きなメリットにはなりにくいかもしれません。

②自分の時間がとりやすい

地方配属の場合、通勤に1時間以上かかることは稀だと思います。私の場合、配属先と自宅が徒歩15分でした。しかし、都市部の配属になると、ドアtoドアで1時間~などはザラです。通勤に時間をとられないため、自宅でゆっくりしたり、資格の勉強をするなど有意義な時間を過ごせます。

③お偉いさんを気にせずに気楽

みんながみんな、お偉いさんと一緒に働きたい!とか、頻繁にお偉いさんに来て欲しい!とか、思うわけではないと思います。ある程度のびのびと仕事ができる環境があっている人は地方配属向きだと思います。一緒に働く人も、地方配属の場合は案外そういう人が多かったりします。

④都市部より経験がつめる

意外かもしれませんが、地方配属の方が都市部配属より経験がつめる可能性があります。地方は基本的に少人数の場合が多いと思うので、人員の兼ね合いで、「やらざるを得ない」場面が出てきます。逆に都市部は人が多いため、本当はやってみたいことも枠が埋まっていて手出しが出来ない場合があります。そういった意味で、地方配属の方が経験がつめる可能性は高いのです。

おわりに

地方配属になって、ショックを受けている方もいると思いますが、新入社員の段階で左遷はあり得ませんのでご安心ください。確かに学歴や能力の差などはあるかもしれませんが、時間と共にその差は埋まりますので、目の前のことをコツコツクリアしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました