ニューカレドニア旅行記(2015)

ニューカレドニアサンセット おでかけ

はじめに

ここではニューカレドニアを旅行した際の記録を記していきます。写真もたくさんありますので、のんびり眺めていってください。情報は2015年時点のものですので、最新情報は必ずご確認ください。個人的な「また行きたい度」は星5です。

天国に一番近い島と言われるニューカレドニアでのサンセットです。携帯やデジカメで撮った写真でも、とにかく絵になります。プロが撮ったらもっと素敵なんでしょうが、一般人が夕日を撮ってもこのクオリティーに仕上がります。

日中の海もとてもきれいです。白い砂浜に透き通った海水が映えます。海水はかなりしょっぱかった思い出があります。砂浜では犬が寝ていたり、とにかくのんびり過ごせる雰囲気です。

イル・デ・パン島という離島に行くと、シュノーケリングも楽しめました。下の写真の森っぽいところを抜けると、色々な魚が見られるシュノーケリングスポットがあります。私もツアーで行きましたが、本当にキレイでした。ですが、シュノーケリングの道具を2人で1つしか貸して貰えなかったことや、その道具も途中壊れてしまったことなどやや苦い思い出があります。あとは、小さい魚についばまれて若干痛かったです。今となっては笑い話ですね。

イル・デ・パン島でも、ずっと泳ぐのも大変なので、砂浜に座って景色を眺めたり、木陰で寝そべったり、贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

キレイな海を求めてニューカレドニアへ行きましたが、ひとしきりマリンスポーツを楽しんだ後は、街を散策しました。代表的な観光スポットであるFOLの丘という所から街を見下ろす景色はとてもきれいでした。素敵な映画のワンシーンのような感じですね。改めて写真で見返すと、FOLの文字の周りは結構落書きがひどいですね(笑)

ショッピングモール的なところへも行きました。ミラージュプラザというところです。何を買うでもなかったので、ジェラートを食べたことしかほぼ覚えていません。

ジェラートはわりと有名店で、「AMORINO(アモリノ)」というところです。食べられるスペースもあったので、座ってすぐに食べたのですが、暑いので溶けるのが早かったです。味はもちろん美味しかったです!せっかくなのでと思って、3種類ほどフレーバーを注文したので、カップが山盛りですね。

バスに乗って行き先を間違えたりしましたが、それも今となっては良い思い出です。街を散策した帰りはほぼ歩きで帰っていましたが、景色がキレイなので結構歩いていても苦になりませんでした。暑かったのは暑かったですが…(笑)

ただの道路もとても絵になりますね。

食べ物

食べ物でよく取り上げられるのは「天使の海老」、「ガレット」、「ジェラート」あたりでしょうか。全部食べたのですが、天使の海老だけ写真を取り忘れてしまいました。殻ごと食べられる海老で、美味しかったので夢中で食べたのは覚えています。

ガレットは「LE ROCHER(ル・ロッシェ)」というところで食べました。人生初ガレットでした。結構ボリュームも有り、美味しかったです。入り口がわかりづらくて結構さまよった記憶があります。

ニューカレドニアはフランス領なので、フランスで人気のファーストフード店「QUICK(クイック)」もありましたよ。普通のハンバーガー屋さんで、美味しかったです。

有名かどうかはわかりませんが、「カバ(カヴァ)」という飲み物もあります。薄暗いバーのようなところで売っている、苦いような香辛料のような味のなんとも言えない飲み物です。はっきり言って美味しいものではありませんが、旅の良い思い出にはなりました。私達はてっきり健康食品的なもので、スーパーで売っていると思っていましたが、売っておらず…。地元の人は誰でも知っていると思っていましたが、そうでもなかったので、たどり着くまでに結構苦労しました。

真っ黒で何が何やらわからないですが、これが「カバ」です。興味がある方は、以下のURL情報を参考に行ってみてください。私達もその情報を参考に行きましたが、自力では見つけられず、結局近くの別のバーで飲んでいた外国人のお姉さんに道案内してもらってたどり着きました。2015年の情報なので古いかもしれません、ご了承ください。

初体験!ニューカレドニアの人達の憩いの場でカバ体験 【トラベルコ特派員ブログ】
【トラベルコ】旅の達人トラベルコちゃんさんがお届けする「初体験!ニューカレドニアの人達の憩いの場でカバ体験」。ボンジュール!トラベルコちゃんです♪海外に出ると観光スポットもいいけれど、それ以上にローカルな生活を…

あとは超個人的ですが、その辺のマルシェで買ったバゲットがとても美味しかったです。色々食べたのに、自分的に一番ハマったのはパンでした(笑)

おわりに

ニューカレドニアの旅行記でした。2015年時点のことを思い出しながら書いたので、若干説明がふんわりしているところもあるかと思いますがご了承ください。飛行機が苦手な私ですが、ニューカレドニアは本当に行ってよかったと思います。また行きたいし、行こうか悩んでいる人がいたらぜひおすすめしたいです。フランス領なので、フランス語が話せればベストでしょうが、カタコト英語でも十分旅行出来ました。みんな親切にしてくれたので、「メルシー(ありがとう)」だけは覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました