簡単な節約術!すぼらでも楽に続けられます!

お金のはなし

はじめに

ここではずぼらさんでも出来る、簡単な節約術を紹介します。節約に限らず何でもそうですが、きつくて辛いことをずっと我慢するのは大変なことです。多くの人は辛くなって元通りになってしまったり、逆に反動で無駄遣いに走ったりしてしまいます。長く続けるポイントは無理なく日常に取り入れることです。

その1.ペットボトルはまとめ買いする

水筒を持ち歩いている人は参考になりませんが、ペットボトルの飲み物をよく買う方は参考にしてください。コンビニや自動販売機でペットボトルを買うとたいてい1本100円以上しますね。しかし、ネットでまとめ買いをすることで1本50~60円ほどで買うことができます。1本あたりで考えると微々たる差ですが、これが1ヶ月、一年単位で考えると大きな差になります。ネットで注文すれば重い商品も玄関先まで届けてくれるのでとても楽できます。

その2.おでかけや用事は定期の範囲内や徒歩·自転車圏内で済ませる

通勤、通学定期がある人はおでかけや用事をなるべく定期券の範囲内で済ますと良いです。買い物も外食も美容室も病院も歯医者も、定期券で行ける範囲で絞ってから探すのが良いです。お金の節約にもなりますし、仕事や学校帰りに寄れるなど時間の節約にもなります。

また、近場で済ませたいものに関しては自宅から徒歩や自転車で行ける範囲のところを選びましょう。

※これは日常的に発生するものの話で、旅行まで定期圏内や徒歩圏内で済ませるという意味ではありません。

その3.ATM利用料がかかる取引はしない

ATM利用料がかかる取引をしていませんか?緊急事態ならやむを得ませんが、普段使いでついついATM 利用料のかかるコンビニなどで引き出しをしてしまう人は注意です。

ATM 利用料がかからない条件や方法を調べたり、ATM 利用料がかからない銀行を選ぶと節約になります。

その4.美味しくて安くて楽な食材を知る

美味しくて安くて楽な食材を知っていますか?楽な食材とは、調理が楽な食材ですので、極端な話取り出してすぐ食卓に並べられるようなものです。

具体的には…

  • 納豆
  • 豆腐

…などです。

美味しくて安くて楽な食材でしょう?それに不足しがちなたんぱく質を補えます。魚や肉は美味しいのですが、調理が必要だしお値段もそれなりにします。もちろん、バランス良く食べることが前提ですが、美味しくて安くて楽な上記食材を取り入れると節約に繋がります。

おわりに

日々の生活の中に無理なく取り入れられるものにこそ節約の効果が現れます。少しでも参考になったら幸いです。

この記事を「いいね!」と思った方はシェアをお願いします。

タイトルとURLをコピーしました